思い出の貨物列車

メリカは貨物列車が多い。
特に田舎に行くと、さみし気な音をたてて、ゆっくり走っている。
貨物列車の音を聞くと、初めて一人でアメリカに渡った時のことを強烈に思い出す。
初めてひとりで行った先はIOWA州。
かなりの田舎でした。
d0345572_19263283.jpg

最初のびっくりは、父の知り合いのアメリカ人が夕方5時に迎えに来てくれるはずなのに、
2時間待っても現れず。
空港はめちゃくちゃ小さい。そして、周りは緑ばかり。
もしかして・・・このまま空港で眠るの?と焦り、
もう一人のアメリカの父の知り合いに連絡を取った。
そしたら、現れるはずだった人は、どうやらすっかり忘れていたらしく、
なんと家族とコロラド州にに遊びに行ってしまったと。
はぁぁ?(´・д・`)
 急きょ彼の生徒が、迎えに来てくれるからということで、
迎えに来てくれたのは真っ暗な夜中。
ビンテージフォードのトラックで迎えに来てくれ、その道中で初めて鉄道に遭遇した。
古くて、遅くて、長ったらしい貨物列車。
周りは真っ暗。
そして乗っている車は、席が揺れるたびにギシギシ鳴り、
排気ガスと古い車内特有の臭いがする。
あ~、これが田舎のアメリカなのね、
スタンド バイ ミーの世界だわ~~~とも思ったけど。
迎えに来てくれる人が来なかった精神的ダメージは結構大きかったようで、
長ーい待ち時間と、周りの見えない暗闇が、さらにこの先どうなるのかとますます不安にさせていく。
とりあえずうちに泊まる?みたいなことを言われ、言われるがまま彼女のアパートに泊まり、
その後もしばらく一緒に暮らしてました^^;;
本当はドーム(寮)の予約がとってあったのだけど、居心地がよくて。
夜になると、お友達が集まってきたりして、英語分からないけど楽しかった。
今だったら、気を使ってしまってできない。
きっと若いからできたんだな・・と。笑
d0345572_19263218.jpg
その彼女、全く英語がわからないのに、面倒見がよく、
ビンテージフォードでいろんなところに連れて行ってくれました。
ある時は、ダウンタウンよ。と言われてどれどれ♪と見渡す。
赤レンガの道素敵だな~♪ 小さなお店が建ち並び、3~5階建てのレンガとコンクリートの建物が固まった場所をすぎる~♪
また緑いっぱいになってきた~♪
・・・・ん?
私 あの、ダウンタウンは?
彼女 ダウンタウンはもう通り過ぎたよ。
私 ふーん、へぇ~・・・え?!!!!Σ(・△・ノ)ノ!
車のない私には、これは衝撃でしたね。
で、また貨物列車が通る。
英語がわからないので身振り手振りと、紙に単語を書いてくれながら話をしたんだけど、
彼女 この鉄道はね、人も乗れるのよ。
私 え?これ貨物列車だよ。
彼女 貨物の後ろからああやってこうやってのると、●●(知らない地名)という町まで行ける。
私 は?そんなことしていいの?
彼女 見つかったら怒られるかもしれないけど、結構そうやって隣町まで行く人いるよ。
そんなわけないわ~って思っていたけど、
何か月かに一度、美術部の仕事でよく来る知り合いの日本人に会ったときにそのことを話すと、
あ~、知ってる。お金のない学生はよくやる、と。
Σ(・ω・ノ)ノ!ほんとですか!
そして私もやってみた。笑
完全に映画の世界にもぐりこんだ気持ちでしたが。
気持ちよかった。
こんな体験、今ではできないかもしれないね。
というか、都会ではできない貴重な体験をいろいろしました。
今はどうなんだろう。
今は車を持っているし、家族もできたから言える。
田舎に住みたいと^^

d0345572_19275862.jpg
ドライブ途中でみた気球。
最近よく飛んでいる、Peanutsの映画のCM

d0345572_19281219.jpg
ドライブ先での激写。
こちら働くおじさん。笑
2時間くらいやってました。
ヤシの木に上り、古い葉を落とす作業。
枝というのかな。あれはかなり硬く、切り落とすのに時間がかかってました。



[PR]
by aocalif | 2015-11-08 20:43 | 外出いろいろ


アメリカで仕事をしならがらアンティークを見たり、写真を撮るのが好きです。4人家族+シュナです。仲良くしてください。試運転中。


by あお

プロフィールを見る

以前の記事

2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月

その他のジャンル

ブログジャンル

日々の出来事
カメラ